› きんべえの釣りブログ › 深海・中深海

2016年01月25日

2015年12月 政辰丸 大王沖・志摩沖 オニカサゴ釣り

年末の恒例行事の記事、いまさら書きます。すいません。



MOMOさん、フィッシャーマントトさん、MOMOさんの息子(ヒカルさん)、ホテル王さん
五人で行ってまいりました。

出航~

富士山見えました(写真には写ってませんけど)

MOMOさん曰く、富士山が見えると風が吹く とのこと


なんとか船はいいポイントの志摩沖へ



最初の流しで、水深は180~200mくらい
この日は初のライトタックル深海で、道糸はPE2号!

恐る恐るのスタートです。



三匹目、来ました大鬼!

去年のキロアップより少しサイズアップかも。
結構な迫力でした!


ライトタックルでやっていたので、何かに擦られたか、そこ付近で誘っていると突如テンションが抜けて10mの高切れ
歯モノ?

謎でしたが、くそ高いPEが減ったこととお気に入りの天秤、ヨリトリリングのロストにちょっとショックを受けつつ仕掛けを直し・・・



ゲスト

金魚ちゃん

本命のユメカサゴは釣れず・・・

たまにかかってくるゲストは、黄色いアヤメカサゴちゃん。
ユメカサゴのほわほわした煮つけたべたいのに・・・。



今回、仕掛けは全部ホタ針にして、針数は3本、長さもいつもバラバラですが今回はビシッと揃えていきました。
ホタ針って掛りはそんなによくない感じがしますけど(イメージ的に)かかってくれれば、ほぼ閂に刺さってくれるのでばらしはほとんどなしです。
今回、水面で抜きあげようとして一匹ばらしましたが、巻き上げ中に外れることはありませんでした。
(水面バラシは口切れだったのか、合わせがしっかり入ってなかったのかな・・・?)

ぽつぽつでしたが、ある程度数は取れました。

オニカサゴ9匹+アヤメカサゴなど5匹
オニのバラし1匹、外道のリリース(奇跡的に目が抜けてなかったカサゴ1匹)




政辰丸さん、いつも年末、お世話になっております。





トトさんの車に便乗して、運転していただき 感謝・感謝!

ながーい渋滞をなんとかぬけて、無事たどり着きましたw



締めて血ぬき後に氷でもちかえりは小型魚

大型は、ブクブクで生かして持ち帰りました。

来年は、もう一丁大きいクーラーにブク穴を改造して、たくさん生かして持って帰ろうと思ってます。



帰ってからのお楽しみは、これです。



オニカサゴの活き造り。
こればっかりは、釣り人の特権でしょう。

ぷりっぷりの身は伊勢海老のような弾力で歯を跳ね返します。


オニカサゴは胃袋もうまい。

胃袋は掃除して、軽くゆでてさらに掃除。
これでプリプリシコシコの食感が生まれます。

臭みもなく、おいしい。
お酒のおつまみにもってこいです。



MOMOさんご家族、トトさん いつもありがとうございました。




当日のタックル
竿:極鋭ヤリイカAGS 178
リール:シーボーグ200J-L
ライン:メガセンサー12ブレイド 2号 300m

天秤はヤマシタの遊動天秤(青い奴)40cm
オモリ150号

仕掛け:ホタ針19号(太地) ハリス8号 幹10号



予備タックルにいつもの極鋭中深場73もあったけど、一日ライトタックルだけでできました。
さすがAGS、咥えたあたりだけじゃなく、モソッとした違和感だけのアタリも取れて結構面白かったです。  


Posted by きんべえ at 08:00Comments(2)深海・中深海

2015年01月16日

12月30日 政辰丸 大王崎沖 オニカサゴ釣り

12月30日 年末最後に釣りに行ってまいりました!

メンバーは、MOMOさん、MOMOさんの息子さん、MOMOさんの友人の方、フィッシャーマントトさんの5人です。
船は、年末恒例になりつつある、大王崎 波切漁港の政辰丸さん



期待の出航です~

ただ、ちょっと外に出ると、少し風が怪しい・・・・。



朝焼けを拝みつつ、いつものポイント、150m立ちラインを目指します。


しかーし、風が強く、途中で断念。
仕方なく大王崎の東側の風裏ポイントへ移動





風はびゅんびゅんに吹いてて、白波が立っています。


本命も、少しだけ顔を見せてくれます。


こちらが、自分の桶

キープできるサイズが、釣れんがん・・・・。

こまったなぁ・・・・・・。



MOMOさんどうだろう・・・

うへぇ

MOMOさん、大きいのばっか
あふれてるw

げー、なんだー、この実力の差・・・・・。
現実をひしひしと感じる。

やっぱり、持ってる人は持ってるなぁw





強風のなか、取れるあたりはとっても小さいんです。
この日。

竿先をプルプルプルって本当に小さく震わせるような当たりや、ふっと
ちょこっとだけ押さえるような軽いあたりやら、難しい・・・・・

去年、爆釣ゾーンに入った時のようなガクってあたりはほぼなし。



最終的に、桶の中身はこんな感じ

キープサイズは、妥協して20センチにしたら4匹も持って帰れましたよw
でもクーラーの中にはたくさんのアヤメカサゴとうっかりカサゴが鎮座してましたので、
お土産には困らないくらい。

というわけで最後には、元気な鬼のお子様に海に帰っていただきました。


みなさん、お世話になりました!
またよろしくお願いします!!!


当日のタックル

竿:極鋭 中深場73 H-240
リール:シーボーグ300MJ-L
ライン:ソルティガ8ブレイド 4号

錘:150匁
仕掛け:深海バケ ホタハリベース18~20号 4本~2本吹き流し
エサ:カツオハラモ、鮭皮、アナゴ切身  


Posted by きんべえ at 09:00Comments(4)深海・中深海

2014年03月14日

3月9日 大進丸 大山沖 中深海オニカサゴ釣り

一ヶ月ぶりの釣りでしたが、やはり腕が衰えてるんですね~
ぼろ負けでしたw


釣り船は、大進丸さん
釣り場は大山沖、水深250m立ちのあたりから、150m立ちのあたりです。



道具は、いつもどおりの極鋭+シーボーグ300

仕掛けは先日からコソコソと作っている深海バケです。


当日は船長がねちっこくポイントを流してくれましたが、うまいことオニカサゴの前に仕掛けが入らず本命の顔は見えませんでした。
250m立ちのところでは、大艫のお客さんにアラが出るなど、サプライズもありましたが・・・・



釣れてくれるのはワガちゃんだけでした。

ワガちゃんのアタリで、掛かってから、鬼が食うまでそこで待っていたので、大穴が開いてたりとかもたびたびありましたが、そこはホタ針。
こんな大穴でもちゃんとあがってきました~


最後の流し、特大の鬼らしきあたりで巻き上げてきたところ・・・・・
70mで仕掛けの幹糸8号がぶち切れ・・・・。



はぁ~と力を落とし竿収めとなりました。

やっぱり実力がたりませんです、ハイ。



当日のタックル
竿:極鋭 中深場73 H-205
リール:シーボーグ300MJ-L
ライン:ソルティガ8ブレイド4号

仕掛け:ホタ針ベースの深海バケ使用、ハリス8号、幹8号の吹流し仕掛け。
最近は浮きなどの小細工は最近やめて、沈むようにしています。
その分、アクションでふわふわさせてます。


  


Posted by きんべえ at 08:08Comments(4)深海・中深海

2014年02月05日

2月1日 大進丸 大山沖 中深海オニカサゴ釣り

大進丸さんでは初めてらしい、オニカサゴ釣りに行ってきました。

前日に、くにさんから 明日から大進丸で鬼やるって! って情報を頂き早速予約の電話w

天秤じゃないと思うよ〜って電話口でw

いつものオニカサゴセットを積み込んで準備。


途中、くにさんと合流して大進丸へ。


第21大進丸が鬼狙い、大船長。


大山沖100ヒロのあたりで近くにかごやさんの船が見えます。




船宿支給仕掛けは、ハヤブサの遅潮用でしたが、今回は短めの自作仕掛けにしました。

鈎は、夜光太地ムツ18号、ハリス8号、幹糸12号
ウキ等は入れずに連結も全部サルカン使用の重たい仕掛け。

エサは、船宿支給のアナゴ、あと用意したのはカツオのハラモ、シャケ皮、キンメ釣りで一回使って鈎から外して冷凍庫にしまってあった腐ったハラモ。




一投目からクイックイッと軽いあたりで乗ってくれたのはちょいいいサイズ。


その後、あたりは小さい。

モソモソって小さいあたりでなかなかかからない。


アヤメカサゴの合間にポツポツとオニカサゴが混ざってくる感じで少しづつ追加していきます。

たまに大きなウッカリカサゴも上がってきます。

ハリ穴は結構延びちゃってますけどw


トモの方では2キロを超えるような大きなオニも出ている・・・。



移動もちょろちょろとありました。

この日は、片舷に4人、オオドモに1人で5人のお客さんでした。



大王崎から狙う鬼よりはやはり数も型も出ないようですが、大山沖のオニカサゴも面白そうです。



久々にデジカメ持って行ったので水中撮影してみた。



この日、20センチくらい小さい鬼はリリースしてキープサイズは6匹でした。

アヤメカサゴは目ん玉飛び出しちゃってるから、全部キープ。



港に戻って、みなさん本命は5匹くらい釣ってました。

当日のタックル
竿:極鋭 中深場73 H-205
リール:シーボーグ300MJ-L
ライン:ソルティガ8ブレイド 4号

錘:150匁
天秤吹き流し

水深130〜155m
  


Posted by きんべえ at 19:00Comments(8)深海・中深海

2014年01月28日

1月20日 大進丸 大山沖 中深海メダイ釣り

ナナフェスの翌日に、代休とってメダイ釣りに行ってきました。

船宿は大進丸さん。

ナナフェスが終わって帰宅したのは二時過ぎ、この時間からさっさと行こうと思いきや、寝てしまって目が覚めたら三時過ぎw

ヤバイと思いつつ荷物を速攻で詰め込んで出発。

船に着くと、一緒に行くことにしていた方と現地合流。
同級生の父上で、鮎釣りを教えてもらった方ですw

実はこの日、ヌルヌルが携帯に付くのがイヤで写真撮ってないんですw

この日は水深130m〜140mくらいの場所で釣りをしてました。

お客さんは片舷に四人。
それと、ヤリイカの調査に祐太。
自分もヤリイカの仕掛けを準備して行ったけど、まだ出てないから顔が見れてからやりんということで・・・


持ち込んだ仕掛けは大型カゴと日本海仕様のワラサ仕掛け。毛針のやつです。

一投目、ギュンギュンと当たりで難なくメダイゲットw

今日はええ感じかなーっと錯覚w

その後、メダイを掛けて巻き上げて来た時にお祭で後ろのお客さんに巻き込んでしまったが、魚が食っているのは僕の毛針w
指を咥えて泳いで行くメダイを見送りました。

その後もトラブルで仕掛けがなくなり、大船頭さんから仕掛けを買って、トライ。

底でいいあたりで巻き上げて来た時にドラグが今までの極太仕掛けのままだったため、幹糸からブチ切れ。
あー


今度はカゴが流されやすくなってきたため、大進丸のカゴを借りてw

トラブル大杉ですわ〜

カゴと仕掛けを替えて再トライ。
この後も浮いたメダイを掛けて、ゆっくり巻き上げ中にバラし。
あげてみるとハリスがブチ切れ・・・

あかーん、メダイに6号なんか細すぎw

この後もトラブル何度か発生している中、何とか二匹目を確保。

トモのお客さんは一匹づつだったらしく、最後の流しで逆転できるか!
と思っていたところ、表とトモでヒットw

僕の仕掛けはスルーでしたw


というわけで、表の私の師匠の方が三尾で竿頭、あとはみんな二尾で、祐太が珍しくゼロw

写真の撮り方が上手い!
デカく見えるw
(大進丸のサイトから勝手に頂戴しました)

みなさん、ありがとうございました。
何度もお祭りしてすいません。



当日のタックル
竿:極鋭 中深場73 H-205
リール:シーボーグ300MJ-L
ライン:ソルティガ8ブレイド4号

当初仕掛けは、ワラサ用市販品、太字ムツ17号くらいとハリス8号くらい。
支給仕掛けは細字ムツ15号くらいとハリス6号くらい。
共に5本胴突仕掛け。

メダイは釣ってからの処理がめんどいけど、西京味噌漬けにするとうまい!  


Posted by きんべえ at 08:08Comments(10)深海・中深海